シアリス 通販

勃起不全と動脈硬化症の関係

生活習慣病の多くは体内の一酸化窒素が減少し、動脈が硬化することによって始まります。
高血圧や糖尿病などによって血管に負担がかかると、血管の内皮細胞に傷がつき、内皮が持っている動脈硬化を防ぐ働きが失われます。

 

動脈硬化は、動脈の内壁に血小板やコレステロール、中性脂肪などがたまってドロドロの状態になり、血液の流れる通路が狭くなってしまうことです。動脈硬化が進むと、血栓となって血液が流れなくなってしまい、様々な障害を引き起こします。
動脈硬化は部分的ではなく全身的に進みますが、その症状は真っ先に陰茎動脈に現れます
陰茎動脈が最初に狙われるのは、その細さに関係があるからです。

 

一般的に血管が蝕まれていくにも順番があるといわれており、動脈硬化は細い血管から生じやすいと言われています。
重要な脳や心臓などに関連のある動脈と、EDで問題になる陰茎動脈を内径で細い順に示すと、陰茎動脈の直径は1〜2mm、心臓周辺の動脈は同3〜4mm、脳周辺の動脈は直径5〜7mmです。
EDの原因となりうる陰茎動脈障害は、初期段階から生じていってしまうものなので、EDは動脈硬化性疾患として最初に実感できる自覚症状なのです。

 

EDには明快な自覚症状がありますから、その治療を行うことで、動脈硬化を原因とする他の疾患を未然に防ぐことができます。
動脈硬化は、高脂肪の食物や高血圧、運動不足、喫煙などによって起こることが多いので、勃起不全を避けるためにはそうした生活習慣を改める必要があります。

勃起不全と高血圧の関係

勃起不全(ED)の原因はストレスなどで一時的に陥ることもあり、また年齢を重ねるに従い勃起不全となる率も高くなると考えられていましたが、最近では、高血圧や糖尿病などのさまざまな身体的条件に関連していることが、わかってきています。

 

高血圧は勃起不全(ED)の危険因子といわれており、そのメカニズムの1つとして、血管に大きな負担がかかるために、高血圧患者は動脈硬化が進行している場合があります。
これは血管内皮機能を阻害するばかりか、直接的に動脈の内腔を狭めて、陰茎海綿体への血流が抑制します。
その結果、ペニスに十分な血液が流れ込まずに勃起できなくなります。

 

他の疾患から高血圧を発症する「二次性高血圧」では、ホルモンバランスの異常など・射精・勃起・性欲に関わる内分泌疾患が勃起を妨げる原因となります。

 

また降圧剤には、性欲を減退させてしまう副作用があります。
降圧剤はもともと血圧を下げる薬ですが、その副作用が悪く作用すると勃起不全につながるともいわれています。
降圧剤とED治療薬を一緒に使うことにより、心臓のような重要な臓器に負担がかかってしまうこともあります。

 

高血圧を治したいと思うなら、食生活を変えたり禁煙したりすることで、生活習慣の改善を目指すのが最善といえます。

 

勃起不全と抗うつ剤の関係

EDは、心因性EDと器質性EDの2種類に分類されます。

 

心因性EDとは、身体に問題がある訳ではないにも関わらず、勃起できない状態のことです。
うつ病自体も心因性EDの原因になります。
また、うつ病の治療薬である抗うつ剤によっても、EDを発症するということが考えられます。
抗うつ剤には、ドーパミンやセロトニンという脳内の神経伝達物質に影響し、性欲を失わせるという作用があります。

 

EDがうつ病自体によるものか、抗うつ剤の副作用によるものかを判断するのは難しいですが、抗うつ剤の服用後から明確にEDが発症し、薬剤性EDの可能性が強く示唆されるような場合でも、抗うつ剤の無理な中断は、うつ病の増悪を招く可能性があります。
よって、自己判断による断薬や減薬は大変危険ですので、医師による診察を受け、指示を仰ぐことが良いでしょう。

 

抗うつ剤と勃起不全治療薬を併用する事は特に問題が無く可能ですので、抗うつ剤の無理な減量を図るより、ED治療薬の併用を医師と相談しながら使用することが望ましいでしょう。

 

勃起不全とストレスの関係

勃起不全(ED)の原因として、ストレスや緊張など心理的な要素が関係する例は多々あり、このようなEDは心因性EDと呼ばれています。
交感神経はストレスを受けている状態でも活性化するので、ストレスがかかると交感神経が活性化し、勃起しにくくなってしまいます
これがストレスとEDの因果関係です。

 

その原因は実にさまざまで、仕事や夫婦関係など日常生活におけるストレスが原因となることもあれば、性交の失敗によるトラウマが原因となることもあります。
このタイプのEDでは、「また失敗するのではないか」という不安が大きなストレスとなり、EDを悪化させます。

 

ストレスには交感神経を活性化させる外部からのストレス【社会的ストレス】と活性酸素の増大化によって起こる酸化ストレス【生物学的ストレス】の2つがあります。
いずれもEDの大きな要因になるため、EDを治すには、社会的要因と生物学的要因の両方を改善させる必要があります。

 

生物学的ストレスについては、活性酸素が血管や神経を損傷させて一酸化窒素を減少させることが要因なので、薬を飲むことで一酸化窒素の働きを正常化することが有効です。

 

社会的ストレスについては、その要因を取り除くか軽減するしか根本的な解決はないので、会社での人間関係、仕事上の悩みなどを、上手く解消できるようにリラックスした生活を心がけ、それでも無理なら専門のカウンセラーに相談しアドバイスを受けることで良い結果が出ることも多いようです。