シアリス 通販

EDの危険因子について

EDを引き起こす原因となり得る危険因子(リスクファクター)としてあげられているものは多く、まずは加齢です。
加齢に伴い性欲や性機能が減退してしまいます。
高齢者は体の器官が衰えてくるため、生活習慣病のリスクも増加しEDになりやすくなります。

 

次に喫煙です。
ニコチンには血管収縮作用がありますので、血流と血液量が大きく関係する勃起には良い成分
ではありません。
また喫煙量が多いほどEDを引き起こすこ可能性が高まります。

 

次に、糖尿病や脂質異常症、肥満などの生活習慣病です。
動脈硬化の原因となるこれらの病は血流にも障害を促します。
生活習慣病の予防や治療がEDの治療につながり、また早期にED治療を受けることで生活習慣病を事前に予防することができます。

 

次に、心因性のEDの原因となりうるうつ病や日々の人間関係や仕事のストレスです。

 

次に、前立腺肥大に伴い、関係器官が圧迫される事でEDを引き起こすとされている、下部尿路症状や前立腺肥大症

 

最後は、薬剤(解熱・消炎鎮痛剤・局所麻酔薬・降圧剤など)の服用による弊害で引き起こされるEDです。

 

このようにEDは大きく分類して身体には問題のない機能性EDと、身体に問題がある器質性EDの二種類に分類されます。

 

EDと前立腺の関係

EDには「心因性」と「器質性」による発症原因があります。
器質性の中でも前立腺肥大症を発症しEDになってしまうというケースも珍しくありません。

 

前立腺とは、「膀胱の前にある腺」という意味で名づけられた男性特有の器官です。
前立腺から分泌される前立腺液は精子の運搬や構成に関わりを持っており、20代をピークに30歳位までは積極的に活動しています。
この前立腺が役目を終えて肥大し、尿路周辺を圧迫してしまい起こる病気が『前立腺肥大症』です。

 

前立腺肥大症を発症すると、尿が出にくくなったり、排尿時に痛みを感じたりといった症状が現れます。
これを「下部尿路症状」というのですが、これを患った方のED発症率が非常に高く、その危険度は同じくED発症率が高いと言われる糖尿病と比べてもその2倍とされており、圧迫による骨盤内の局所的な貧血が関係しているのでは、と考えられています。

 

下部尿路症状の原因の一つでもある前立腺肥大症を治療することで、勃起機能が改善されるというケースは立証されており、治療には薬物療法や手術が有効です。
まずは専門の医師の診察を受けることが大切です。

 

EDにはさまざまなタイプがある

 

EDの原因は大きく分けて、身体に問題のある器質性のEDと、身体には問題のない機能性のEDとに分けられます。

 

器質性のEDはさらに、血管性、神経性、内分泌性(ホルモン性)、陰茎性に分類されます。
一方、機能性のEDには、精神病性と心因性(心理的な要因が原因のもの)とがあります。
しかし実際には、、器質性と心因性が重複するものもあり、器質性と機能性のどちらかに明確に区別できない例も多く存在します。

 

一般的には30代などの若い世代のEDには心因性が多く、50歳を過ぎると、動脈硬化や高脂血症、糖尿病など器質的な原因によって起こるEDが増えてくるようです。
しかし、若い世代においても身体的な病気が隠れていることもあります。
また、仕事が忙しいなどでストレスが溜まっている場合、生活習慣病の発症リスクが高まり、EDに繋がることがありますので注意が必要です。

 

日本では、EDの有病率は年齢とともに高くなっています。
加齢そのものが男性ホルモンの減少の要因となり、EDの原因の1つになります。
しかし、勃起には血流が良いことが重要となります。
加齢に伴い、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病も増え血管や神経に障害が出ることでEDの発症に繋がっている場合も多いようです。

EDと体格の関係はあるのか?

「体格が大きい人程EDになりやすい」という世間の俗説があります。
確かに体格とEDには関係があると言えるのですが、『体格が大きい人が』というよりは『肥満傾向にある人が』なりやすい、と言った方が正解でしょう。肥満はそうでない人に比べてEDになる可能性が2倍にもなるのだそうです。

 

肥満が怖いとされるのは、「糖尿病」「高脂血症」「高血圧」「痛風」といった生活習慣病を引き起こす原因となり得るからです。
この生活習慣病は、動脈硬化と深い関係があります。
肥満による動脈硬化によって血流が悪くなると、動脈が膨らまず、静脈を圧迫されなくなります。
したがって完全に勃起させることが難しくなるのです。
勃起には陰茎へのスムーズな血液の流れが不可欠ですから、そういった意味で肥満の人はそうでない人に比べてEDを引き起こしやすいのです。

 

アメリカのハーバード大学で5万人の男性に行った研究によると、健康的にダイエットをすることでEDは改善したという結果が出ているそうです。
日頃から適度な運動を心がけることもEDの予防に効果的でしょう。

 

また、身長が高い人がEDになりやすいといったような記述もたまに見かけますが、これに関しては確固たる根拠のある話では無い様です。

 

EDと加齢臭の関係

加齢臭がEDへの警告であるかもしれない。
そんな情報をご存知でしょうか?

 

40代を過ぎると、加齢臭と呼ばれるニオイが発生しやすくなります。
加齢臭は、体表の皮脂が酸化分解を繰り返す事で起こります。
体内の活性酸素が酸化する事で起こる『酸化ストレス』が多くなると、加齢臭の原因であるノネナールという物質を発生させ、いやなニオイに繋がります。
実は、EDと関係があるのもこの酸化ストレスです。

 

勃起には、陰茎の組織である海綿体の膨張と、流れ込む血液が必要不可欠の要素ですが、酸化ストレスが多くなると、血管や神経を損傷させ、
損傷した血管では、十分な一酸化窒素の分泌が行われなくなります。
そのため、動脈が硬くなり、ペニスへの血行不良を起こしEDに繋がります。

 

加齢臭の強さは人それぞれですが、その度合いは酸化ストレスの度合いによって決まります。
つまり、加齢臭がキツくなってきたと感じたら、それはED発症を脅かすサインであると言えるのです。

EDと草食系男子の関係

「草食系男子」ここ数年で急速に世間に浸透した言葉です。
草食系男子とは、恋愛に対して受け身で物欲や出世欲も薄い、温厚な男の子のことです。

 

全国の成人男性300人のデータを集めたところ、1mlあたりの平均精子数が20代では4600万個、40代では8400万個だったそうで、ここ10年で全体的に減ってきているそうです。
いちばん元気なはずの20代が、精子の数が減り始める40代に負けてしまうのはかなり問題でしょう。

 

精子の数が減少している原因は、「環境ホルモンの影響」という仮説がたてられています。
現代人は食品添加物、プラスチック容器が当たり前で、環境ホルモンを避けられない生活になっています。
環境ホルモンは体内の男性ホルモンや女性ホルモンと置き換わり、生物の成長に悪影響を及ぼします。
女性ホルモンと似たような働きをする環境ホルモンが男性の体内に入った場合、男性ホルモンが抑えられ、精子のもとになる精母細胞に支障をきたし、精子が少ない、精子が動かない、奇形の精子になってしまうと考えられています。

 

草食系男子は、物欲があまりなく、出世意欲もあまりなく、性的興味がほとんどなく、男らしさに欠ける傾向にあるように思います。
性的欲求がほとんどないという事は勃起する機会が少ないという事ですし、性行為をしたくない時に無理やり性行為をすると、そのストレスからEDになってしまう可能性を高めてしまいます。
つまり、草食系男子=EDになりやすいというのはあながち間違いではないということではないでしょうか。