シアリス 通販

ED治療にパートナーの協力が重要

ED症状に悩む日本男性は年々増加しています。
EDが原因で性生活がうまくいかず、パートナーとの関係に支障をきたすことがあるかもしれません。

 

EDというのは、パートナーとの性交時にきちんと勃起してフィニッシュを迎えられるかという所が判断の鍵になります。
そういった意味では男性だけの問題だと捉えられがちですが、実際の所女性にも深い関わりがあり二人の問題でもあるのです。

 

パートナーにED症状を伝えることは勇気がいることですが、協力して前向きに治療に取り組むためには大切なことです。
既婚で子作りを考えているならば尚更です。

 

ED治療をパートナーと共に改善していく事は、パートナーとの関係や生活習慣など、原因究明がにスムーズになります。
また医師の説明を一緒に聞く事で、女性側としても気づかなかったことや、気遣えなかった部分などを発見できます。
パートナーとの関係が向上することによりED改善に繋がります。

 

パートナーの協力がとても重要です。
どうしても見栄や虚勢を張りがちな男性の背中を、そっと治療に押してあげられるのもパートナーならではかも知れません。

 

EDの初診時に行われる臨床検査

●血液一般検査
 赤血球数
 白血球数(分画)
 色素量
 ヘマトクリット
 血小板数

 

●生化学検査
 総たんぱく濃度
 AST(GOT)
 ALT(GPT)
 LDH
 ALP
 y-GTP
 クレアチニン
 尿素窒素
 Na
 K
 Ca
 総コレステロール値
 血清トリグリセリド
 HDLコレステロール
 空腹時血糖

 

●尿検査
 尿糖
 尿たんぱく
 尿沈査

 

●ホルモン検査
 LH(黄体ホルモン)
 FSH(卵胞刺激ホルモン)
 プロラクチン(PRL)
 エストラジオール(E2)
 テストロン
 フリーテストステロン