シアリス 通販

勃起不全と喫煙の関係

海外のタバコには「喫煙でインポテンツになる」という警告メッセージがパッケージに掲載されています。
喫煙は、糖尿病と高血圧症に並びEDを招く3大原因の一つです。

 

タバコに含まれる「ニコチン」は体内の血管を収縮させ、血液の循環を悪くしてしまうため、ペニスに血液が流れ込みにくくなり勃起を妨げてしまいます

 

タバコ一本で失われるビタミンCは25mg〜100mgであり、100mgとは厚生労働省が指定する成人の一日分の所要量ですから、タバコ一本で一日分のビタミンCが失われてしまうことになります。
タバコに含まれている一酸化炭素、または窒素酸化物によってビタミンやミネラル分が沢山消費されてしまうと言われており、その結果として勃起に対して様々な悪影響を及ぼしてしまうのです。

 

ペニスが勃起するためには、海綿体の血管が拡張し大量の血液が流入しなければなりません。
しかし、習慣的な喫煙は動脈硬化が進み、血流が悪くなります。
ですから血管を収縮させたり動脈硬化を進行させる喫煙は、EDを発症させる原因の一つになります。

 

勃起不全と自転車の関係

日常生活に運動を取り入れることはEDを予防する上で有効とされています。
一般的には、自転車に乗ってペダルをこぐという運動は血行を促進し、むしろEDの予防になるのではと考えられます。

 

しかし、その運動が長時間に及ぶと、勃起に必要な血管や神経などが通っている陰部や股の下がサドルで圧迫されるため、陰茎への血液循環が損なわれてEDを招く恐れがあります。

 

近所に買い物に行ったり、散歩代わりに使ったりするなど、日常生活で乗る分にはまったく問題ありませんが、一日2時間以上自転車を運転する場合は注意が必要です。

 

陰部への圧力を軽減した形状のサドルや、長時間のサイクリングにも耐えられるパッドの入った自転車用パンツなども販売されていますので、長時間自転車に乗る方や自転車愛好家の方は、そのようなアイテムを利用してみるのも良いでしょう。
このような商品をうまく利用し、自転車による勃起不全を防ぎましょう。